アプローチ

アプローチ2:「解凍・保存品質を高める」ことで事業を考える

「上手に解凍する」ことが事業の生産性を上げる

国内外から調達した様々な冷凍食材。肉や魚のみならず、今は野菜や果物も輸入品をはじめとする冷凍食材が増え、家庭の食卓から事業の現場まで広く大量に使われています。それらの食材を上手に解凍することは、美味しさの価値を高め、また食材の品質と衛生水準を高めることに繋がります。
私たちルセット・ナインでは、製造~販売・消費の適切な場所にプレミアム解凍を導入し、ソフトと合わせたサポートを御提供します。より美味しくドリップを少なく安全な保存をすることで、品質管理や歩留まり向上、不安定な需要量への対応、調達コストや人件費の削減等、事業の生産性を高め食の現場の課題を解決します。 

 

Top